FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
09.26

月が笑ってる(いびつだけど)

Category: 戯れ言
今日家に帰ってきて空をふと見上げると月が笑ってました。



写真だとよくわかりませんが、月が口でその上によく見ると目に見える星が2つ。

右目は若干離れてますが…………

なんとかうまく写真に収められないかと色々いじってみたのですが手持ちのコンデジだとこれが限界のよう…………



↑クリックで拡大。と言うか拡大しないと見えない。


若干いびつですが久々に見るスマイリングムーン。

厳密に言えば違うかもしれませんが笑ってるように見えたのでスマイリングムーンと言うことで。



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
09.18

これしか無かった。

Category: 猿号が行く!


集合スイッチに交換してから左のミラーが見づらくて仕方ない。

他のに交換したくてもミラー取り付け用の穴は無いしハンドルにも取り付けられる場所も無い。

何かいい物は無いかとAmazonを見てたらバーエンドミラーを見つけ、安物を購入。付けられる所と言ったらここしか無い。




安物のわりに2個セットでしかもブルーミラー。

でもミラーに傷があるのが気に入らない。まあ、使用に耐えるので取り付け。

外側に向けてしまうと引っ掛けそうなので内側に。充分見えるのですがもうちょっと長ければ……




問題があるのは左だけだったので左のみバーエンドミラー。

何だこの非対称感(笑)

振動でも震えることなく綺麗に見えるのですが荒れた道を走ると徐々に角度がズレてきます……




とりあえずその後は近場をブラブラ。





盛岡市大ケ生の某所。

「場内俺の上はなし」

考えてもどういう意味か良くわからない……




近所だし大ケ生方面に行っても山しか無いのであまり行くことは無いのすが、逆に何も無いのが心地良い。

稲穂も徐々に色付き、実りの秋を告げています。




元バス停。昔はこの道にもバスが走ってたんですよ。しかも音楽を流しながら。今やこの道を走るバスはスクールバスくらいです。




バス停の隣に立つカーブミラー。

お前は何を写してる(笑)



足元を見ると秋の味覚が。




少ないけどまずまずの収穫。

ちょっと楽しくなって道端の栗の木を探して走りました。



こういうのもたまにはいいですね。



Comment:2  Trackback:0
2017
09.16

モンキー純正メーターに交換。

モンキー用社外外装セットには120キロメーターがついています。

おそらく十中八九社外中華メーターはそうだと思います。

探しても社外で60キロメーターなんて無いので我が家の猿号にもそれを付けていました。



120キロメーターはあきらかに伊達です。


そんなに出ません。





GPSで計測したらまあまあ正確なのでそのままでも良かったのですが、そもそもボアアップなどして車の流れに乗れるようにしたモンキー用なので30キロの位置が見づらい。


とどめにこの間遠野に行った際の帰り、あきらかに40キロ以上出てるのに40以上に針が動かなくなってしまいました。

まあ、原付1種なんで30キロ以上出したら駄目ですが。

でも車でもメーターが60キロで止まったら流石になおすか交換したくなると思います。




そんなわけでメーターを交換しました。

純正メーター。ヤフオクで約2000円ほど。送料込。でもメーター球がソケットごと無かったのでwebikeで追加注文。

送料高い(T_T)



で、無事に交換。さすがコピー品。普通に取り付け出来ました。

中古でもやっぱり作りがいい。





右、中華120キロメーター。左、純正メーター。

猿号、若干歳とりました(笑)





純正メーターのレビューもどうかと思うのでしません。やっぱり純正は安心感があります。

でも針がぷるぷる動くのがちょっと気に食わないんだよなぁ(笑)




さて、外したこの伊達メーターどうするか。


Comment:2  Trackback:0
2017
09.10

配線めんどくさい(スイッチボックス交換)

Category: 猿号が行く!
 先日遠野に行った際、おかしくなってしまった自転車のベルみたいなスイッチボックスを交換しました。




 これが付けてたスイッチボックス。右はウインカー。普通は左なのは知っていましたがメイトに合わせて。動きが固くなり上手く切りかわらない。手信号でも法的には問題無いのですが面倒くさいし、第一覚えている人がどれだけいるか。教習所で必ず習うはずです。




 同じ物を左にも。こちらはライトのハイ/ロー切り替え。こちらはあまり切り替えしないのでまだ普通に使えますがこっちも外します。




 2つのスイッチを外して集合スイッチに交換。Amazonで1400円ほど。値段の割には良く出来てます。

 配線図は付属してないのでバラして確認。Amazonのレビューに配線について書いてる人もいましたがどうも届いたやつのハーネスの色は違う様子。さすが中華。褒めてません。

 中華エンジン付属のハーネスに合わせるためには一部加工が必要でした。


 


 とりあえず無事に取り付け。でかすぎて左ミラーが上手く付けれない。内側によりすぎてよく見えない。元々震えてよく見えないミラーなのであまり気になりませんがあとで何か対策しようと思います。

 ちなみに右はナポレオンミラー。こちらは素晴らしい出来。左右の差が激しい(笑)

 

 前から見るとこのアンバランスさ。同じような物で長めのやつって無いでしょうか?









蛇足。

狭いサイクルハウスの中で作業したのですが照明はこんな物を使用してます。



 ダイソーで売ってるLED電球型ライト。USB電源で使用できるLED電球です。108円。

 明るさは150ルーメンあり狭い空間を照らすには充分な明るさ。別途電源が必要ですが108円の商品の中では一番明るいんじゃないでしょうか? ちなみにモバイルバッテリーでも充分明るく、2500ミリアンペアでも結構長く使用できます。
Comment:0  Trackback:0
2017
09.03

原付遠野紀行2017_猿(猿号燃費計測)

Category: 猿号が行く!
台風がそれてくれたお陰で気持ちのいい青空の日曜日。

夏は雨続きで不完全燃焼気味だったのでちょっとだけ遠出をすることにしました。って言っても往復120キロ程度ですが。


行き先はまたまた遠野。他に行く所無いのかと言われそうなくらい遠野や大迫にしか行かないな自分は。

でも正直なところ自分が住んでる所からどこか遠くに行きたいと思っても必ず峠やトンネルばかりで原付だとちょっと心もとないんですよね。

まあ、原付でも頑張ればどこへだって行けますが。


……と言うか一応車も持ってますが今のところ通勤以外で使ったことがないという。

まあ、その辺は追々。




今回は猿号で行くことにしました。

中華エンジンの性能を試すためです。


396号線を走ったのですが、やはり「しらいし屋」を過ぎた辺りからのアップダウンや曲がりくねった道が50ccにはこたえます。以前メイトで走って熱ダレ起こしたのもこの辺り。

中華に耐えられるかと心配していたのですが意外と難なく通過。

もちろんパワーは無いので何度もシフトダウン。

昨日スプロケットを変えたのが良かったのか緩い上り坂なら4速のままでもゆっくりながら加速していきます。




千葉家に到着。




足場が組まれ着々と修復が進んでる様子。




今回の目的地はこちら。





五百羅漢。


ウィキペディアによると、

“遠野における天明の大飢饉による餓死者を供養するために、天明3年(1765年)に大慈寺の義山が山中の自然石に500体の羅漢像を刻んだものと伝わる。 羅漢像は立体的な彫刻ではなく、絵画のような線彫りである。”


という事らしいです。



入り口に立てられた熊注意の看板。

思いっきり山の中にあるので熊鈴はあったほうがいいです。

そうとは知らず何も持ってきてはいませんでした。



熊に出会わないことを願いつつ山の中へ。




そこにはコケの生えた岩がこの一帯だけゴロゴロと転がっていて神秘的な雰囲気の空間が広がっています。



よく見ると羅漢像が彫られた岩が無数にあるのに気付きました。





すっかりコケで覆われ、見えにくくなってるものも。



一見岩がゴロゴロしてるだけに見えますがこの中にも隠れてます。

実際500体あるかは数えてないのでわかりませんが本当に全ての岩に彫られてるんじゃないかってくらい沢山あります。これらを全て人の手で彫ったのだからすごい。

飢饉による餓死者を供養するために作られた場所らしく、自然と合掌。







駐車場には東屋が建っていて、貸出用の杖も置いてありました。

ちなみにこの時ちょうど昼時。ここに東屋があるとわかっていたら何か買ってきたのにとちょっと後悔。


その後は昼飯を求めにコンビニ探しにさまよいました(笑)



某コンビニの駐車場から見る六角牛山。


さえぎるものが多く気に入らなかったので改めて六角牛山の写真を撮りに。





某遠野の道の駅裏手から。

逆に遠ざかってしまいましたがこれはこれでいい絵。



道の駅の風車は今日も元気に回ってました。






その後はいつも通り道の駅みやもりで休憩し帰路につきました。




今回の一つの目的として猿号の燃費計測があったのですが、計ってみるとリッター58キロとまずまずの好燃費。

トータルで約700キロほどコイツで走りましたが特に致命的な欠陥はみられません。

中華エンジン、作りは雑ですがなかなかよく走ります。

ただそれ以外の自転車のベルみたいなスイッチボックスがちょっとおかしくなってきました。これはあとで集合スイッチでも手に入れて交換しようかと考えてます。


Comment:0  Trackback:0
2017
09.02

最高速を捨てる(スプロケット交換)

2stのメイトと比べるのもどうかとは思いますが、やはり力のなさが気になる猿号。

排気量そのままでパワーを上げる方法として「ハイコンプピストン」と「ハイカム」を入れ、燃料をハイオクにするというのがあるみたいですがこいつに積んでるエンジンは耐久性不明の中華エンジン。

中華でも組むことが出来るみたいですが正直負荷がかかって壊れやすくなりそうな気がする。要するに圧縮を上げてさらに高回転型に変えるって事ですからね。

あといくら燃費がいいからって毎回ハイオクだとお財布が……

その辺はまあ気が向いたら試してみるとして極力エンジンと財布に負荷がかからない方法でトルクアップをはかります。



自分が考えられる一番簡単な方法はスプロケットの変更。

猿号にはフロント13丁、リア31丁をつけています。

それをフロントを一丁減らして12丁にしてみました。

モンキー スプロケット 12丁

キタコのなんか穴がいっぱいあいてるやつを選択。

一丁減らしただけなのでチェーンはそのまま。


肝心の効果ですが……

直前にメイトに乗ってたのでわかりません(笑)

メイトの方がはるかに加速力が上なので比較してしまうと非力にしか感じない。

ただ変速タイミングがメイトに近づきました。要するに変速タイミングが早くなりました。

たぶん若干加速がよくなったんだと思います。

もちろん低速よりにふったので最高速は落ちましたが、30キロで走れればいいので。

というか小さすぎてスピードを出すと怖いんであまり30キロ以上出そうと思えません。

原付は最高速より加速力が重要だと個人的には考えてます。

どっちもよければ言うこと無いですけどね。



Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。