FC2ブログ
2012
03.11

あの日から一年

Category: 戯れ言
3月11日、あの日から丁度一年が経ちました。

個人的な思いとしてはこの一年、早く感じる一方、まだ一年しか経っていないのだと感じています。

正直目を背けたくなるくらいの被害の規模。子供の頃何度も家族と行った思い出の場所が無くなってしまったという事実。復興するまでこれから何年、何十年かかるかわからないことを思うと、やはり同じ岩手県民としては目を背けてなんていられないのだとおもいます。とは言え自分に何ができるのか未だにわからない自分が情けない。


改めて被災された方々にはお見舞いを申し上げます。また、亡くなられた方々にはご冥福をお祈りします。









あの日自分は丁度仕事が休みでふらっと買い物をしてバイクに乗って帰る途中でした。

バイクに乗っていたため最初地震とは気がつかずバイクおかしくなったか? と思った直後、強い揺れで慌てて停車。今までの経験から直ぐに揺れはおさまるだろうと思っていたら中々揺れが止まらず、むしろ強くなって行く揺れに焦りと恐怖を感じていました。近くにあったコンビニの看板が激しく揺れているのを覚えています。揺れが弱くなるのを待ち、何か嫌な予感がして急いで家に帰りました。家は停電して、ちょっと物が落ちた程度でホッとしたのですが、ラジオを付けると大津波警報という初めて聞く単語を繰り返し伝えているアナウンサー。そして徐々にとんでもない事が起こっていることを知る。

盛岡では、というかうちのちかくでは目に見えた被害はなかったのですが、数日間停電や断水、携帯電話の基地局も止まったため携帯電話がつながらない日が続きました。

うちの場合、薪ストーブもあり暖もとれ、食料も数日間はとりあえず問題なかったですし、水も多少は確保してあったので不便や何度もくる強い揺れに不安こそありましたがとりあえず無事に過ごしていました。

そして電気が復旧し、真っ先にテレビを付けるとあの津波の映像。そして改めて知る地震の規模。




まだいろいろと書きたい事はありますがまとまりそうにないのでこの辺にしておこうと思います。

あの日以来正直地震がこわくて仕方ありません。首都直下型地震が騒がれるなか、もう何も起こらないでほしいと祈る今日この頃です。


関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://toriaezudays.blog.fc2.com/tb.php/29-8d18d621
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top